古民家再生( 2 )

Tagged
1

英賀保の家Ⅱ 古民家再生8

既設洗面・浴室の撤去後、新しく裏廊下+収納スペースとして間取りが変わりました。(写真1枚目) また家全体の造付木製建具が納品されました。築100年目の和風の住宅ということもあり、今回作成した建具のほとんどが昔を思い出すようなデザインになっております。 2枚目の写真に写っている建具は“舞良戸(まいらど)”と呼ばれるもので...Read More
3

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生6

工事開始から2ヶ月がたちました。工事が進むにつれて、計画で考えていたより手を入れる部分がかなり増え、工程がかなり遅れております。 築100年ということもあり、やはり家全体に歪み(傾き)がでております。写真は主寝室の床の下地です。以前はタタミ敷だったのですが、フローリング貼にリフォームです。長手方向5mの中で5cm程度床...Read More
神河の家 屋根葺き替え工事

神河の家 屋根葺き替え工事

神河の家 屋根葺き替え工事が始まりました。この家は昭和6年に建てられた民家です。晴天の中、7時に作業を開始し、瓦の撤去後、クリーンカー(大型掃除機付き特殊車両)で屋根土を吸い取っていくと檜皮が葺かれた屋根下地が現れました。檜皮は現在のアスファルトルーフィング(防水紙)に当たるもので、檜皮の上に土をのせ瓦の座りを調整して...Read More
1

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生5

水廻りの新しい間仕切り壁が建ち始め、給排水管仕込み工事が始まりました。新築の場合は、床下に配管スペースがあるのですが、改修工事ではそのようなスペースが無く、配管の勾配が確保できるまで、土や土間をはつりながら工事することになります。ここで手を抜くと配管の詰まりなどの原因になります。隙間無く既設の太鼓梁のカタチにかたどられ...Read More
英賀保の家 Ⅱ 古民家再生4

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生4

今回はお施主様住みながらの改修工事になりますので、まず水廻りを完成させて順番に移っていただきながらの工事になります。部分解体が完了し、新しい間仕切りが建ち始めました。子供室の既設天井を撤去すると写真1枚目のような太鼓梁の木組みが確認できましたので、できるだけ化粧で出していくことに決まりました。(計画では、天井はそのまま...Read More
お祓い

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生3

解体前のお祓いが完了し、いよいよ解体工事が始まりました。まず一番に、新建材(化粧ボードやベニヤなど)の撤去からになります。解体前に各部屋の寸法をとり、図面作成して改修計画をたてておりましたが、それが合っているかどうかの確認からになります。壁をめくってみないとわからないことだらけで、予想外のところに柱があったり無かったり...Read More
現地調査

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生 2

改修前の建物調査を行いました。築100年ということもあり、写真1枚目→昔のまま大きな梁が見えている部分(ササラ天井・梁出し天井)もあれば、写真2枚目→以前の改修で化粧ボードやベニヤ板が張られている部分もありました。今回の改修テーマは、そのボードやベニヤなどの新建材を撤去してしまい、無垢材を使いながらできるだけ“木組みの...Read More