REPORT ( 23 )

設計や現場状況の紹介

やり方

白浜の家 Ⅶ(基礎工事)

基礎工事が始まりました。今回の住宅は1階の床仕上げがフローリングではなくコンクリート土間の上に塗装仕上げのため、基礎の形状がいつもとは違います。いつもは土間コンクリートを打設後、立ち上がり基礎を造ってその上に土台を設置し...Read More
yamematiya01

『まちや紳士録』を見て

兵庫県立大学県境人間学部「ひょうご森と木の文化フォーラム」と姫路「町家再生塾」が、福岡市八女市において町家再生に取り組んでこられた「北島 力」さんを中心とした活動のドキュメンタリー映画『まちや紳士録』の上映会を主催され、...Read More
現地調査

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生 2

改修前の建物調査を行いました。築100年ということもあり、写真1枚目→昔のまま大きな梁が見えている部分(ササラ天井・梁出し天井)もあれば、写真2枚目→以前の改修で化粧ボードやベニヤ板が張られている部分もありました。今回の...Read More
地鎮祭

白浜の家 Ⅶ(地盤補強工事)

地鎮祭も無事終わり、工事着工を迎えました。地盤調査の結果、何らかの補強が必要だということで今回は湿式柱状改良で補強することになりました。ARC物件で補強が必要な場合の8割はこの柱状改良を行っております。柱状改良工法とは、...Read More
英賀保の家 Ⅱ 古民家再生

英賀保の家 Ⅱ 古民家再生

英賀保の家Ⅱは、今年100年目をむかえる、古民家のリフォーム工事です。高度成長期を経た住宅は、平均1~3回の増改築・リフォームが行われており大工さんたちが手間のかかる無垢材から新建材を使うようになった時代にかさなります。...Read More
agahonoie2

白浜の家 Ⅶ

この家は、市内住宅地に建つ、日本瓦葺き、面格子の和風外観で、arcが取り組んでいる「木組みの見える家」です。内部は、見上げると吹き抜けを通して、大きな地松の太鼓梁(丸太梁)を見ることができます。また、屋根面に断熱材を入れ...Read More