市街化調整区域での土地探し


家を建てるときはまず土地からですが、土地を探してるとびっくりするくらい安い土地が出てることって
ありませんか?
今回は、家を建てれる土地・建てられない土地のお話です。

土地は大きく分けて、都市計画区域の「内」と「外」に分類されます。
(準都市計画区域とかもありますがそこまで掘り下げると話が進まないので省略します)


都市計画区域「外」の土地というのは、言葉の通り都市計画の定められていない地域です。
具体的にいうと、姫路では夢前は都市計画区域外になります。
この地域は土地が安く出てることが多いです。住宅の建築も可能です。
かなり自然豊かな環境のところが多いです。

都市計画区域「内」の土地は、そこからまた大きく2つに分類されます。
「市街化区域」と「市街化調整区域」です。


「市街化区域」というのは既に市街化して栄えている地域や、今後10年以内に計画的に市街化を図っていく地域です。
住居系や商業系、工業系などの用途地域が定められており、無秩序な建築が出来ないように法律で規制されています。
住宅の建築が可能・不可能は用途地域によって定められてますが、工業専用地域以外のようと地域だったら大体建てられます。
一般に「宅地」として出てるのは、この「市区域区域」の土地が多いです。価格も一般的です。


やっと今回ご説明したかった項目にたどりつきました。
「市街化調整区域」は、市街化を抑制すべき地域として定められています。
なので、建物を建てられる要件が厳しいのですが、厳しいからこそ(?)安い土地もあります。
住宅の建築が可能だったら静かな環境のところも多いですし、土地の選択としては有りだと思います。

姫路市では平成28年に「特別指定区域」という制度が始まり、市街化調整区域でも建築可能な土地が少し増えてきました。

長くなるので、2回にわけます(・∀・)
市街化調整区域、特別指定区域の詳しいお話は次回★