姫路 継の家

姫路 継の家
この住まいは、リビング棟と居室棟の2つの箱と中庭で構成されたシンプルなPLANです。
20戸の分譲地の入り口に位置し、外向きの窓はプライバシーの確保が難しいため光庭・渡り廊下・遊び場としての機能を持たせた中庭を設けています。
中庭に連続する掃き出し窓は、カーテンをすることなく何時も明るい光を室内に導いています。
リビング南面には、栗石(大きな砕石)を籠に入れて積み上げた石の塀を設け道路からの目線を遮るとともに、単純な白い箱のアクセントになっています。
内部、白で統一された空間で、窓の無い外部からは想像できないくらい明るく、開放的な生活ができる住まいです。

中庭兼廊下。   
LDK。
LDK。
中庭天井。