姫路 大塩の家

姫路 大塩の家
この住宅は、大塩町の入り組んだ細い路地の中に建っています。
前面道路の幅が2mと細いので、道路への圧迫感の軽減とプライバシーの配慮から、住宅本体は道路境界線から離して計画しました。
玄関は建物正面の木製格子の奥に配置してあり、道路面からの視線を遮ると同時に、気持ちの良いアプローチ空間となっています。木製の格子は、ガルバリウム鋼板による現代的でシャープな印象の外観に、適度なやわらかさと落ち着きを持たせてくれます。
内部は、玄関正面の中庭から光を採り込んだ、天井の葦(ヨシ)を貼りつけた板と、桜のフローリング、7寸角の大黒柱が特徴的な落ち着いた空間となっています。

リビング。
和室。
解体前のお家にあった欄間を再利用。
ポーチの面格子。
外観。ガルバリウム×木製面格子。