加古川 西神吉の家

片流れ屋根のモダンな外観に、繊細な横格子のデザインがアクセントになっているこの住宅は、明るさとプライバシーの確保ということで、2階がL・D・Kになっております。
キッチンの床を他よりも少し下げることにより、キッチン前のカウンターが食卓机としてちょうど良い高さになるような細かい工夫があります。
屋根の勾配を利用し、リビングを吹き抜け天井とすることで、より広がりを感じることができます。
リビングと子供室の間仕切り壁には奥さんの趣味のガラス細工を展示するためのショーケースを設けております。
そのショーケースは子供室の明かり取りの窓としての機能も兼ね備えております。