姫路 南八代の家

姫路 南八代の家
姫路城の北西に位置し、この建物計画は90年を超える家の改修or建て替えの検討から始まりました。
外観は日本瓦葺きの寄棟屋根とし周囲の建物を調和するよう配慮しております。
平面計画は旧住宅に近い間取りになっておりますが、細部にわたるまで何度も打ち合わせしたことでしつらえを損なうことなく非常にすっきりとした無駄のない空間になっております。
外断熱仕様・24時間換気空調システムを導入した快適な住まいになっております。

ダイニング。
リビング。
玄関。
外観。