姫路 香寺の家

姫路 香寺の家
玄関を入るとまず目に入るのは4枚の組子の建具。
すこしリゾートをイメージさせるような雰囲気をつくり出しているこの組子の建具のすきまからは東隣の寺院の大きな木の緑が微かに見えています。
中に入るとその姿がみごとなまでの借景となり、屋外の景色をインテリアに取り込み自然の中でくつろうでいるような感覚を味わえるのが魅力のひとつになっています。
リビングは鉄骨造ならではの開放的な空間を演出する多数の窓と吹き抜け空間とで、あふれんばかりの光が入り気持ちのいい開放感に包まれています。
家の真ん中に設けられた廻り階段やそこからつながる2Fホールもまたリゾートをイメージさせるような優雅な空間になっています。
廊下というものがない分、それぞれの空間を無駄なく最大限に活用し、ひとつひとつの動線が非常に考えられたものとなっています。

外観。
階段ホール。     
LDK。
LDK。
LDK。