無垢材で造る 木組みの家

kizukuri
みせるための木組み

柱一本一本の立てる位置、梁のかけ方、材料の種類、大きさ、継ぎ手・・・
すべてを細かく設計することで、美しい木組みが室内に現れます。
本物の木の雰囲気を常に感じることのできる、シンプルで暖かみのある空間。

窓の位置を旨く配置することで、光が降りそそぐ明るい内部空間をつくることができます。
お隣の目線を気にすることなく、カーテンを開けたままの生活を楽しめる家を提案しています。

WORKS-木組みの家-

>>WORKSをもっと見る>>