姫路 広畑の家

姫路 広畑の家
白浜 笹原棟梁による手刻み加工の柱・梁をふんだんに使った骨太な木造住宅です。
大きな吹き抜け空間を見上げると、最近あまりみることのできなくない栗の太鼓梁が化粧で現れております。
アークによる提案と棟梁の匠の技の現れともいえる、リビングに造られたオープンな階段は遊びごころのあるものに仕上がっており、子供達の遊び場にもなっております。
子供達の小さな遊び場がキッチン前にタタミスペースとして造られております。
家事をしながらでも子供とコミュニケーションがとれるよう、タタミスペースは40cmほどあがっており、普段はダイニングのベンチイスのような使い方も出来るようになっております。

外観。
LDK。
階段ホール。
和室。
階段。       
LDK。