姫路 東山の家

姫路 東山の家

外観はシンプルなハコの形を目指しました。
外壁や窓、ドア、庇などあらゆる箇所のディテールに神経を使い、このシンプルな外観を実現しています。
そのシンプルな外観に反して、家の中に足を一歩踏み入れると、内部はトップライトからの光が特徴的な、少し入り組んだ吹き抜け空間となっています。
部屋の建具はすべてガラス入りのものにし、閉め切った状態でも外からの光がガラスを通して入ってきます。
白を基調とした内装と相まって、内部空間は常時明るくなっています。
また、個室以外の空間がひとつながりになっているので、部屋の引き戸を開け放てば他の空間とつながり、家族の気配を感じることができます。

キッチンカウンターは飾り棚に。
吹抜のリビング。トップライトから光が降り注ぐ。
2階からLDKを見下ろす。
造付の洗面スペース。
吹抜のリビング。トップライトから光が降り注ぐ。
外観。塀には特殊なCBを使用。