姫路 東阿保の家

姫路 東阿保の家
南西に市川を望むすばらしい眺望を室内に取り込みつつ、プライバシーを確保するため2階にリビング続きのデッキ空間を設けました。
リビング-和室を間仕切りしている建具をあけると、デッキ空間を含む40帖もの大空間になります。
またリビングは吹き抜け天井になっており、そこには骨太の架構(木造骨組み)を見ることができます。
笹原棟梁に作成していただいた、ロフトへの木製階段は匠の技の現れで、リビングのアクセントにもなっております。
外断熱工法による、24時間換気・空調システムを導入した快適な住まいです。

和室。
LDK。
木組みの階段。    
リビングの木組み。