姫路 林田の家

姫路 林田の家
祖父母と同じ敷地内で棟別増築を計画された若夫婦のための住まいです。
南隣地の建物が2階建てで計画位置と近く、南側からの採光が確保できないため、北側に立つ母屋側に開放的になるよう大開口の窓を配置し、母屋等との気配を感じあえるしつらえとしました。
また南西を頂点とする変則的な寄せ棟にすることで、母屋にも今まで通りの光が入るようになっております。
設計者の提案と日下部棟梁の技による1.5mの跳ね出した庇と、母屋棟と共有でつかえる集いの場として設けたデッキは連絡通路を兼ねた機能を持たせました。
内部の仕上げを節有りの杉材や塗り壁にすることで、あたたかみのある雰囲気に仕上がっております。
斜めに貼られた床材や軒天は、“ジョイントがでないように”と日下部棟梁の提案です。
大変手間のかかる仕事ですが、この家のアクセントにもなっております。
この住まいは最初に提出したプランで、ほとんど変更がなく決まりました。
お施主様が考えられていることと、私どもの意見が一致した珍しいケースです。
初期プランには設計者の考えや思いや光・風・しつらえ等 目に見えない部分の工夫がたくさん含まれているため、完成度の高い建物をなりました。

LDK。
LDK。
LDK。
外観。三角錐の屋根。
無垢の階段。ぜいたくな造り方です。