香寺の家Ⅲ 工事③

もう12月ですね。あっと言う間に年末でびっくりしていますΣ(゚Д゚)

工事の進捗をお届けします。

前回からの大きな変化というと…外壁です!
こちらのお家の外壁は「焼杉」というもので、その名の通り杉板を焼いたものです。

杉板の表面を焼き、炭化させることで、外壁材として使用できる耐久性のある材料に変化します。
もちろんメンテナンスは必要ですが、焼かれることでこのような能力が開花するわけです。
…不思議でしかありません(笑)

前回ご紹介したケラバ部分はこのようになりました!

黒色の外壁というと一般的には「強そう」「クール」などのイメージがあると思いますが、
焼杉は木材の温かみのある黒なので優しい感じも加わります。
そこに軒天が曲線に貼られることにより、より柔らかい印象となりました^^

内部は建具の枠が取り付きました。
トイレや洗濯機などの音が発生するところには、遮音シートを取り付けます。

お施主様が快適に過ごして頂けるよう、引き続き努めて参ります^^ゞ