福崎の家 屋根工事

屋根葺き工事が始まりました。
ガルバリウムの横葺き(段葺き)になります。

まず捨て水切りを納めてから、屋根材を葺いていきます。



今回、軒先の鼻隠しには木を使わず、屋根と同材で巻いてしまうという新しい納まりを採用してみました。
まだ樋が付いておりませんが、今のところかっこよく納まっているように思います。
最終的にどのように見えるか楽しみです。

外気温も徐々に上がってきており、今から外仕事の業者さんは本当に大変です。
特に板金屋さんにとって過酷な季節が近づいてきました。

屋根の上って風通しはいいのですが、屋根からの輻射熱で条件によっては80℃以上にもなると言われております。
素手で触ると間違いなく火傷します。

だからと言って、雨漏りの原因にもなるため適当な仕事は絶対に出来ません。
そんな中で仕事をしてくださっている板金屋さんに感謝です。