福崎の家 大工工事

GW中も大工さんはずっと現場に出てくださっていたので、窓廻りの防水チェックにいきました。
OKだったので、引き続き外壁のバラ板を貼っていきます。


軒天 ヒノキの羽目板貼りの状況です。
2年目の新米大工が出隅の難しい部分を任されております。
少しずつですが出来る仕事が増えてきているようです。
5年後には1物件任せられるようになってほしいですね。

今回は出隅部分を止め切りの突きつけで納めてもらいました。
見切りがないとスッキリして綺麗ですね。
見切りを入れず止め切りで化粧にするということは、隙間無く一枚一枚きっちり納めていかないといけないので、かなり手間がかかります。

軒の深い家は本当に優雅で綺麗です。