植木の再利用

今日は建物解体現場でお客様の了解を得て植木を持ち出す作業をしました。
大きくなった植木は解体時に処分されてしまうことが多くなりましたが、活かせる木は剪定を行い樹形を整えストックするように努めています。

今回は、大きな松と紅葉を移植することに決めました。

搬出できるように、残す枝を見ながら枝をカットして根巻きをしました。

それでも松はトラックからはみ出ています。


れから仮植えをし、数年かけて樹形を整える作業に入ります。
手間のかかる試みですが木が生き、譲った人、譲り受けた人、両方の笑顔が見えるようにしたいと考えています。