アークの考える家造り “部屋は限定しない”


家造りを考えるとき部屋数は重要な要素です。
部屋の目的を限定して家族人数分だけ部屋を準備すると、床面積ばかり増えていくことになります。
家族は成長し、家族構成もたえず変化していきます。やがて子供は巣立ち夫婦二人の生活になるかも知れません。このような場合は、子供部屋が物置になっているかもしれません。
家造りにおいて大切なのは、家族の成長を考えたいくつかのケースを想定して部屋の使い方を考えてみることです。
子供が小さい時、親も元気で家を訪れる回数が多く泊まることもあるかも知れません。しかし、子供が成長し個室が必用な頃には訪れる回数も減っています。子供室を来客のゲストルームとして考えることで必要の無い部屋を減らすことができます。
また、主寝室と子供室2部屋を計画する場合、大きな子供室を一部屋設けしばらくは家族全員で利用します。子供が大きくなり個室必用になったときに、この部屋を2部屋に分割し本来の主寝室に入れ変わる事で、家族の利用を考えた大きな主寝室は必用ありません。
家族の成長や、部屋を限定しない流動的な利用方法を考えることで、自分の生活スタイルにあった無駄のない家を手に入れることができます。