八代緑ヶ丘の家 その②

前回の続きです。八代緑が丘の家、今回は楽しい子ども部屋の紹介です。

子ども部屋は1階に1つ、2階に2つ。
将来は仕切って個室4つに分けることもできるプランですが、お子様に個室が不要なあいだ、1階は子ども達のリビングに、2階はみんなの寝室として使える広さになっています。

子ども達のリビングには滑り台があります。

当初は2階から1階までの滑り台でしたが、踊り場を設けて、踊り場~1階は滑り台・2階~踊り場ははしご、はしごの登り切ったところには好きな色のクライミングホールドを設置しました。


階段手すりは前回ご紹介したロフトスペースと合わせた十字型にしてデザインを統一しています。
滑り台の前にある吹抜空間には、化粧梁にフック金物を取り付けており、ハンモックやブランコを楽しんでおられました。

子ども達のリビングとLDKは建具で仕切れるようになっており、急な来客のためにお子様の作品を片付けなくても大丈夫な間取りになっています。

お家に滑り台を設置する初の試みだったので、家の近所の公園の滑り台を滑って計って滑って計って、図面を何枚も書き直しました。つい最近のようですが、ちょうど1年前頃です。
子どもならこういう使い方もするよな、とか考えながら黙々と。

人が来ない公園で良かったです(*゚▽゚)ノ