八代緑ヶ丘の家 その①


昨年竣工したお家の紹介です。
家づくりのお問い合わせ頂いてから早6年、二人三脚での家づくりに最後までお付き合い頂けましたお施主様に感謝致します。

このお家は、和洋がうまく融合できた住まいです。
洋風が好き、和風が好き、和モダンが好き・・・と色んな要望をお聞きしますが、アークではご要望が洋風であってもどこかに和の素材を利用した家づくりを心がけています。

紹介したい部分が多いので数回に分けてご紹介します。

まずはLDK。洋風のエリアです。


特徴的なのはレンジ前の窓です。
窓はFIX窓とし、汚れにくいデティールで仕上げています。

リビング・ダイニングからは傾斜天井で、2階の子供室とアイコンタクトがとれる空間となっています。
小窓は2階ロフトスペース窓です。デザインと落下防止を兼ねて木製の十字型の格子を付けました。
クリスマスシーズンにはサンタさんが来ていました。

テレビボードには京からかみ(和の素材)の引き戸を付けています。


Rの天井は漆喰を塗ったり、京からかみを使ったり。
和風も好まれてるお施主様でしたので、ポイントに和の素材を入れることで家づくりに物語ができ、思い出になっていけば幸いです。
京からかみの柄をじっくり悩んだので、完成写真に建具が間に合ってないことも今では良い思い出です(・ω< )

次回は子供部屋をご紹介する予定です。