阿成の家 現場の記録(建物完成)

ちょうど一年前の18年2月に初めてお会いし、半年かけてプラン等の打ち合わせをさせていただき、半年かけておうちを造らせていただきました。
よくお客様に“家づくりは絶対に楽しんでください”とお話させていただきますが、現場を管理する私も一緒にたのしく家づくりをさせていただけたように思います。

今回は玄関・キッチン廻りをご紹介させていただきます。

①玄関に入ると、正面がリビングの入り口、右手がパントリーの入り口になっております。
パントリーはキッチンと隣接しており、キッチン背面に収納しきれない物や普段使いしないものなどを収納するスペースになっております。
玄関→パントリー→キッチンの動線が短いのは非常に便利です。

②造付けの下駄箱の扉には少し特殊な6mmのナラのフローリング材を使用しました。
写真では分かりにくいですが、単にフローリング材を貼るのではなく、より質感がうまれるよう少し造り方を工夫しております。
また下駄箱の天板や玄関框にはタモの無垢材を使用いたしました。
このように既製品の枠や巾木・廻り縁を使用する中に無垢材を取り入れコーディネートすることで、また違った雰囲気を演出してくれます。

③キッチン背面収納も造り付けになっております。
お客様と色々なパターンの使い方を何回も打ち合わせさせていただき、最終的に写真のようなカタチに決まりました。お持ちの家電の数やゴミ箱の置き方、見た目やコストなどなど、各ご家庭によって考え方も使い方も違ってきますので、しっかり打ち合わせが必要な部分になります。
ちなみに奥に見えるのが玄関から繋がっているパントリーの入り口です。

次回はリビング・和室・廊下収納・テレビボードなどをご紹介する予定です。