外構工事 建物と調和するカーポート

住宅のカーポートを考える場合、好みの合うデザインのアルミ既製品を選択する事が多いと思います。
形状、色・・等選択肢も多く、少し予算に余裕がある場合は、デザインの良い高価な物を選択することになると思います。
しかし、高価なカーポートを選択しても住宅の一体感を求めることはできないと思います。
そこで、一般的なグレードのカーポートと木材を組み合わせで住宅と調和がとれたカーポとを考えます。


アルミの柱、梁の両サイドに、木製の板材を取り付けています。
住宅の窓枠の木と同色に塗装することで住宅との調和を図っています。

照明器具が直接露出しないよう、アルミの梁と板材の間に埋め込むことでシンプルに仕上げることができました。
アルミの色は、陰で消えるように木の塗装色より濃い色を選ぶのがポイントです。
木材を取り付ける前の姿はこのような感じです。

一般的な使われ方だと思いますが、木製の板材を取り付けた場合と比較すると、少し冷たい感じで住宅との一体感が感じられないと思います。