上大野の家 現場の記録(着工)

片流れの大屋根を持つ上大野の家の工事が始まりました。

造成地で地盤調査の結果が悪く、柱状改良からのスタートです。

計画時のヒノキ板貼りの天井から〝木組み〟を見せる天井に変更しました。

Before
Aftre

“中央に丸太の化粧梁を設け、この梁に船の骨組みのように梁が架かってきます。〝木組み〟が特徴の家にする予定です。  
このような骨組みをつくるには、大工さんの手加工(技術)を欠かすことができません。”

“棟上げの日に天井が完成するため、お施主様の意向、大工さん、プレカット(構造体の機械加工)、電気屋さん等との調整を机上で終えておく必要があります。
6月末の棟上げに向け調整作業を進めています。