市川の家 現場の記録

昨年10月末に着手している〝市川の家〟改修工事もいよいよ仕上げ段階になりました。
農家用納屋に部屋を造る工事です。


階高(2階までの高さ)が低いので、梁下までの高さに注意して計画をすすめました。


既設の梁を現しにして活かし、2階床板は既設のまま清掃し、古色に塗装しました。
梁を現しにする事で天井高さを確保しています。

部屋の外周には杉板を貼り、既設の土壁の落下をおさえています。
源平(赤みと白太の混ざった材料)なので、現時点では周囲と調和していませんが数年たつと赤みに近い良い色になります。

1月下旬に完成予定です。