オープンデスク体験談②


アークの家では建築を志す学生を対象にオープンデスクを行っております。
現在オープンデスクに来ている学生から感想をいただきましたのでご紹介いたします。

兵庫県立大学 環境人間学部 Y君

私は兵庫県立大学環境人間学部の3回生の学生です。
昨年の9月からarcさんでお世話になっています。

2回生から専門的な建築の勉強を始めて、もっと建築について幅広い経験をしたいと思いました。
そこで、設計事務所でのインターンの存在を知り、arcさんにご連絡したのがきっかけです。

1月までの5ヶ月間は、事務所内での事務仕事やCADで図面と3Dパースを書いていました。
建築の勉強をして4ヶ月の私には、分からない事だらで不安な気持ちもありましたが、事務所の方々が丁寧に指導してくださり、楽しく様々な経験させて頂きました。
ある日、現場での大工さんのお仕事を見せて頂く機会がありました。
それがきっかけで今では大工さんのお仕事を経験させて頂いています。根太を打ったり、胴縁やバラ板を張ったり、断熱材を入れたり、床を張ったりと全てが貴重な体験です。
arcさんでお世話になってから、実際に何かを経験することの大切さを実感しています。
大学の講義でも色々な事を学びますが、実際に身をもって経験する事で理解の幅が広がりますし、自分は何に興味があるのかを考えます。
3回生になり、少しずつ将来を考え始めた私には、arcさんでの経験が大変ためになっています。また、学生としての活動の幅も広がったように思います。
自分の興味がある事を経験させて頂ける事は、学生にとって大変有意義な事です。これからも様々なものに目を向けて取り組んで行こうと思います!

オープンデスクの応募はコチラ>>