認定低炭素住宅

FV00U508ZPEP27TMES.MEDIUM
低炭素住宅とは「二酸化炭素の排出の抑制に資する」住宅で2012年の12月にスタートした制度です。
来年度から始まる予定の「地域型住宅グリーン化事業」の補助金の額も、税制の優遇面でも長期優良住宅とほぼ同じです。
長期優良住宅は構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、省エネルギー性にそれぞれ基準が定められていますが
低炭素住宅は省エネ基準だけなので、仕様によっては低炭素住宅の方がコストを抑えられるかもしれません。

低炭素住宅の条件は主に下記の3つです。
1.建設地が市街化区域内であること
これは個人的に少し理不尽だなーと思っていますが「都市の低炭素化の促進に関する法律」に定められていて、市街化調整区域や都市計画区域外の建物は対象外になります。

2.省エネ基準と同等の以上の断熱性能を確保+省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が-10%以上となること
一次エネルギーとは照明・空調・換気・給湯機器などの設備機器のエネルギーで、持ち込まれる家電や調理機器などは評価の対象外です。
LEDの照明にしたり、エコキュートを設置したりなどの省エネ効果は評価の対象になります。

3.その他の低炭素化に資する措置が講じられていること
「選択的項目」として8項目定められている中から2つ以上を選択します。
1.節水に資する機器の設置
2.雨水・雑排水利用設備の設置
3.HEMS・BEMSの設置
4.太陽光発電等と連携した蓄電池の設置
5.ヒートアイランド対策の実施
6.住宅の劣化軽減措置
7.木造住宅・建築物
8.高炉セメント等の利用

今なら地域型住宅グリーン化事業や省エネ住宅ポイント制度の対象にもなるので住宅計画中の方はご検討下さい。
※併用できない補助金もありますのでご注意下さい。