広畑の家Ⅳ 現場の記録(屋根下地)

02
屋根下地工事が進んでおります。
垂木が化粧のため、化粧垂木→化粧野地→断熱材→通気胴縁→荒野地→ルーフィング(防水紙)→屋根仕上げ と少し時間がかかります。
上棟後、防水紙施工までは天気の良い間に一気に終わらせてしまいたい部分なので、人数を増やして4日間で終わらせました。
1
現場でルーフィングの納まりや雨漏りの可能性が一番高いトップライト廻りを念入りにチェックします。
防水紙の重なり寸法や、ちゃんと下から敷き込んで棟部分が最後に一番上になっているかなどもチェックの対象になります。

これを怠ると後で何かあったときに取り返しがつきませんので、雨漏り対策にはかなり力を入れております。
05
屋根が終われば、次は外壁へと工事が進んでいきます。