地域型住宅ブランド化事業

先日、『補助金の制度』の記事の中で紹介しきれなかった地域型住宅ブランド化事業について紹介します。
この制度は地域の資材供給業者~設計~施工の関連業者が1つのグループになって、地域の気候・風土に合った良質で特徴的な「地域型住宅」を増やしていこう、という国の事業です。
この「地域型住宅」に認定されると最大100万円の補助金がもらえます。
mokuyoku_1
補助金をもらうにあたってさまざまな条件があるのですが、まず建設業者が上で書いている、グループ(国で認定を受けないといけません)に属していないといけません。
アークでは、平成25年度・26年度連続で認定を受けている「兵庫の木で家をつくる会」に属してるので、アークで家を建てられる方は補助金最大100万円がもらえます。
※年度ごとに補助金を受けられる棟数が決まっています。
↓↓今年度の認定を受けているグループの一覧です↓↓
地域型住宅ブランド化事業(平成26年度) 採択グループ一覧

その他の条件は各グループごとに違うので、ここで書くのはやめておきます。
気になる方はお問い合わせ下さい。もう少し詳しくご説明させて頂きます。
お問い合わせはこちら

今までいろいろな補助金関係の申請をしてきましたが、金額が大きいほど手続きがややこしい&チェックが厳しいような気がします。
気のせいでしょうか。