子どもがいる家は安全対策より品質重視2

前回の記事ではフローリング材を紹介したので、今回は他の天然床材を紹介します。


tatami
左側が天然の”イ草”を織り上げた畳表、右側がメーカーが出している和紙でできた畳表です。写真だと違いはあまりわかりませんね。
メーカーの物はイ草の物に比べると色あせしにくかったり、撥水性・耐久性が良かったりするようですが、私個人的にはイ草畳のあの香りが大好きです。新品の畳は香りは最高です。
イ草のいいところは香りだけじゃありません。空気清浄や調湿の機能もあります。
畳表をどちらにするかは好みで分かれると思いますが、畳はフローリングより柔らかく赤ちゃんのハイハイが早まる効果も確認されているそうです。畳のリビングもいいかもしれませんね。

麻・籐・竹
yasi
あまり聞き慣れないかもしれませんが、水が染みこみにくく足触りがいいので脱衣所などにオススメです。
天然床材を取り扱っている上田敷物店→http://www.uedashikimono.co.jp/
現物見本を送ってくれたり、オンラインショップがあるので気になる方は見てみてください。

他にもヤシやコルクなど天然素材の床材は結構あります。
間取りや外観だけでなく、素材にもたくさんの選択肢があることを知ってもらいたくてこの記事を書きました。
壁や天井の材料もまた紹介していこうと思います。

いいね!(^∀^)ノ