神崎の家 屋根葺き替え工事完了

kamikawa014月より着手していた「神崎の家」屋根葺き替え工事が完了しました。今回は主に外部の改修をおこないました。2階木製雨戸をアルミ雨戸に取り替えていますが戸袋を焼き板張りにすることで既設との調和をはかっています。縁側周りのベンガラを塗替えたことで数十年目の落ち着いた民家に仕上げることができました。

今回は瓦の選択について少し触れたいと思います。瓦は大きく分けて、表面に炭素皮膜を蒸着させた「いぶし瓦」と釉薬で化粧した「釉薬瓦(陶器瓦)」とがあり、「性能」と「価格」・「色」等を考慮して使用する瓦を選択することになります。最も大切なのが性能です。吸水率の少ない瓦は、凍てにくく色変化も少ないため、「性能=吸水率」で考えることができます。JIS規格では、瓦の吸水率を「いぶし瓦<15%以下」、「無彩瓦・釉薬瓦<12%」と規定しており、姫路地域でよく使われている「淡路いぶし瓦」の吸水率は9.8%で、この地域での使用には問題ありませんが、神河町地域では吸水率が6%以下の瓦を選択する必要があります。「いぶし瓦」で仕上げたかったため選択肢としては、「光洋製瓦(姫路市船津町)吸水率4.8%」・「三州瓦 吸水率5.8%」があります。光洋製瓦は、性能、色(いぶし銀)共に申し分なく平成の姫路城改修にも利用された瓦です。三州瓦の「いぶし銀」は光洋製瓦より少しくすんでいます。手作りと大量生産で仕方ないのですが、最終的には「価格」で「三州いぶし瓦」の選択となりました。さらに寒冷地用の瓦としは、石州瓦(吸水率1.78%)・神崎瓦等があります。これらは彩色瓦であるため今回の選択から除外しました。kouyou01

光洋製瓦は昨年度、大森神社の改修で利用する機会がありました。素晴らしい仕事で納めることができました。民家でも是非利用したい瓦です。