白浜の家 Ⅶ(基礎工事)

下地転圧配筋配筋2コンクリート打設基礎完了基礎工事が始まりました。今回の住宅は1階の床仕上げがフローリングではなくコンクリート土間の上に塗装仕上げのため、基礎の形状がいつもとは違います。いつもは土間コンクリートを打設後、立ち上がり基礎を造ってその上に土台を設置します。新築の場合によく見かける迷路のような基礎です。しかし今回はその立ち上がりがなく、天端がフラットになり一般的な床下空間というものがありませんので、基礎コンクリート打設までにしておかないといけない設備配管埋設の準備などが、いつもの倍以上の手間がかかりました。ミスの許されない設備配管仕込みが要求されますので設備屋とも何度も打ち合わせを行いましたが、それでも満足した配管仕込みにならなかったため、一度全ての配管を掘り起こし、やり直すカタチになってしまいました。隠れる部分だからこそ、やりっ放しの工事ではなく確実に納めることを心がけております。そこが、設計事務所が現場管理までを一貫して工事をおこない、お客さまに安心していただける家づくり、“アークの家”のメリットではかと思います。この地域は以前、浸水したことがあるようで基礎高さを上げてほしいという要望があり、写真5枚目のようなあまり見かけない基礎になりました。何が建つのかというくらいの基礎のボリュームになりました。