「FLOS」

広畑の家 照明■FLOS(フロス)

デザイン
ジノ・サルファティ

コンセプト
1958年に発表されたモデル2097はヨーロッパの伝統的なシャンデリアの形態をモダンデザインの文脈で読み替えたエポックメイキングな傑作です。ソケットむき出しの灯具に既成パイプの大胆な使用という、徹底した合理主義的な発想にもかかわらず、豊かさと優美さが時代を超えて息づく照明です。
現代では無骨なデザインですが、この器具1つでモダンな空間に変えてくれる不思議な器具です。
広畑の家Ⅱのダイニングに使用しています。