白浜の家 Ⅶ

sirahamanoie07inこの家は、市内住宅地に建つ、日本瓦葺き、面格子の和風外観で、arcが取り組んでいる「木組みの見える家」です。内部は、見上げると吹き抜けを通して、大きな地松の太鼓梁(丸太梁)を見ることができます。また、屋根面に断熱材を入れることで、小屋裏の垂木・野板まで和小屋組をそのまま見ることができます。平面の特徴は、1階土間と2階の吹き抜けをつなぐ橋です。各部屋の可変性と天井の高い開放的な空間を持った家が完成する予定です。現場レポートで完成までを報告していきます。